過重労働による健康障害を防ぐために

 過重労働による健康障害の防止のためには、健康管理の措置を実施し、時間外労働をできるだけ短くすることが重要です。さらに、健康診断の結果などを踏まえた産業医の意見を聴いて、適切な就業上の措置を総合的に講じるように努めましょう。

健康障害のリスクは、時間外労働が1ヶ月で100時間または2か月から6ヶ月の平均で月80時間を超えると高くなります。また時間外労働が1ヶ月に45時間以内であれば健康障害のリスクは低くなります。

注1)  このページは、労災補償に係る新しい脳・心臓疾患の労災認定基準の考え方の基礎となった医学的検討結果を踏まえて策定された「過重労働による健康障害防止のための総合対策」(平成14年2月12日付け基発第0212001号)に基づく事業者が講ずべき措置等の概要を示したものです。
注2)  業務の過重性は、労働時間のみによって評価されるものではなく、就労態様の諸要因も含めて総合的に評価されるべきものです。
注3)  総合対策での時間外労働は、1週間当たり40時間を超える部分のことです。
注4)  2~6か月平均で月80時間を超える時間外労働とは、過去2か月間、3か月間,4か月間、5か月間、6か月間のいずれかの月平均時間外労働が80時間を超えるという意味です。


このページのトップに戻る
図11.png

PositiveAction

厚労省HP用.jpg

ハローワークの求人と違う!お申し出はこちら

あかるい職場応援団

働き方・休み方改善ポータルサイト

123.png

イクメンプロジェクト

中小企業を経営されている方へ

btn_portal.png

熊本労働局 〒860-8514 熊本市西区春日2-10-1 熊本地方合同庁舎A棟9階

Copyright(c)2000-2011 Kumamoto Labor Bureau.All rights reserved.